こんにちは、春日部で車検やカー用品販売を行っているカーティスト代表の筒井です。

 

 

先日パレットのエアコンが効かないということで修理依頼をいただきました。

依頼前にガスが無くてコンプレッサーが動いていないので量販店で注入したようですがそれでもコンプレッサーが動かず、量販店では修理ができないとのことで弊社にご相談をいただきました。

コンプレッサーを交換すればとりあえず動くようにはなりますが、故障した原因がそのままになるのでいずれまた故障してしまいます。

故障の原因は何カ所かありますが単体検査が難しいため、部分交換する場合はトライ&エラーの繰り返しとなりますが、その場合はその都度ガス注入と工賃が発生するので当たりが1回目で出ないと最終的な修理費用が1.5倍以上になります。

ということで今回はご相談の結果フルリフレッシュとなりました。

 

 

 

フロントはバンパーを外せばむき出しなので簡単に交換できます。

逆に言えば、フロントバンパーが少し押されるような事故が起きると助手席側にあるコンデンサーがすぐに損傷してしまいます。

 

 

 

あとは室内側のエバポレーターとエキスパンションバルブだけですが、基本的にダッシュボードを外さないと取り外せないことが多いです。

ということでまずはインパネをすべて外していきます。

 

 

 

状況によってはダッシュボード上側のパネルは外さなくてもイケますが、後付けのパーツや作業性向上のため今回は取り外しました。

画像左下の黒いユニット内にエバポレーターやヒーターコアなどが収まっています。

 

 

 

一旦エンジンルーム側に行き、冷却水のホースとエアコンのパイプを取り外します。

もちろんそのままだと冷却水が出てくるので、事前に抜くかホースクランプなどで止めておきます。

作業の際には状況に合わせてエアクリボックスやバッテリーなどを外す必要があります。

 

 

 

メンバーを取り外したら室内とエンジンルームのボルトナットを外せばエアコンユニットが取り外せます。

車種にもよりますがステアリング周りはすべて外さずにコラム部分だけ外して寝かせておけば大丈夫です。

 

 

 

ユニットを分解して画像左側のエバポレーターとエキスパンションバルブを交換したらすべて戻していきます。

最後に真空引きとクーラーガスの注入、冷却水の補充とエア抜きを行えば作業完了です。

ディーラーなどで作業すると15万円以上はかかりますが、弊社ではこの内容で10万円以下で作業可能です。

代車が出ないなどの諸条件はございますが、クーラーガスの注入のみなどの作業も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

それでは素敵なカーライフを♪