こんにちは、春日部で車検やカー用品販売を行っているカーティスト代表の筒井です。

 

 

先日、30プリウスのお客様から異音がするということで点検依頼をいただきました。

 

 

 

エンジンをかけてみると、エンジンチェックが点灯しガコンガコンと周期的に音も発生しアイドリングが安定しない。

音の場所を調べるとトランスミッション辺りからしているようでした。

30プリウスは常時かみ合い式のミッションの為、おそらくアイドリング不調でギヤの歯打ち音がしていると判断しました。

 

 

 

また、アイドリング不調の原因ですが、プラグ、イグニッションコイル、燃料系統には異常がないので吸気周りのトラブルだと思われます。

もったいぶって話しましたが、実は30プリウスはEGRが不調を起こしやすい特徴があります。

ということでEGR周りをチェックするためエアクリボックスを外します。

 

 

 

さらにインテークマニホールドとEGRへ接続するパイプを外したところ、どちらもカーボンがびっしりだったので清掃しました。

当然EGRもカーボンがびっしりだったのですが、こちらはあえてそのままにして戻しました。

これでEGR以外は問題ない状態にしたので、これで変わらないようであればEGRが原因ということで確定。

エンジンをかけてみると案の定変わりがないので、EGRを交換して修理完了となりました。

ちなみに30プリウスの一部車両は9年以内であれば無償交換を実施していて、ご依頼のお車も対象車だったディーラーで無償交換してもらいました。

詳しくはトヨタのリコール等情報ページでご確認ください。

 

 

それでは素敵なカーライフを♪